東京都内(品川)のイベントホール / 会議・セミナー・講演会・研修・展示会・パーティーに最適

お知らせ

  • 2021.12.01

    収容人数(2021年12月1日~)

    東京都の「基本的対策徹底期間」における対応に基づき
    「大声なし」のイベントについて収容人数を最大「300名」としております(約5回/時間の換気)。
    懇親会については、その倍の換気量を満たす「150名」が基準でご案内しております。

  • 2021.10.01

    【GBAC STAR™認証】取得

    感染症予防対策において国際的な衛生基準を満たした施設であることを証明する 「GBAC STAR Facility Accreditation (以下GBAC STAR™認証) 」を取得。 詳細は「新型コロナウイルス感染症対策特設サイト ブログvol.16」をご覧ください。

    「GBAC STAR™認証」取得を皮切りに、さらに対策を強化し、感染症に対する不安を和らげ、お客さま並びに協力会社を含めた全従業員の健康と安全を第一に考え、安心・安全にイベントが開催できる環境を提供して参ります。

    施設のガイドラインは随時、更新しております(最新版:2022/6/1)
    こちら からダウンロードくださいませ。

  • 2021.07.27

    【3D映像】を公開

    会場を3D映像で多角的にご覧いただけるようになりました。
    お下見がしにくいご時世ですので、ご参考ください。

  • 2021.06.01

    職域接種の会場として

    当会場は、ワクチン接種にもご利用いただけます。
     ※2021.8-9月に実績あり
     ※2022.3月4月にはブースター接種の会場で決定
    職場接種での利用も是非お声掛けください!

  • 2021.02.26

    ネット回線を増設、無料で2本

    無料で2回線ご用意しております(各最大1Gbps)。
    リニューアルしました特設ページも是非ご覧ください。

  • 2021.01.08

    備品にアクリルパネルを追加

    目に見える感染症対策を無料でお貸出しいたします。

    W850×H600:70枚
    W400×H600:4枚
    W800×H600:1枚(演台用、土台を含むとH700)

    お貸出数量によって別途の設営手数料をいただく場合もございます。
    詳しくは会場スタッフへご相談ください。

  • 2020.10.30

    アクリルパネルを導入しました。

    飛沫感染対策の代名詞「アクリルパネル」が大崎ブライトコアホールにも新登場。
    こちらも無償貸出可能な備品となりますので、お気軽にお声がけくださいませ。

    大崎ブライトコアホールの飛沫感染対策
    ・アクリルパネル NEW!
    ・飛沫防止シート(設置型・受付におすすめ)
    ・飛沫防止シールド(マイクに直接取付可能)
    【詳しくはこちら

  • 2020.10.12

    収容率緩和についてのお知らせ

    9月18日に東京都より ”大声で歓声・声援等がないことを前提としたイベント” の
    収容率制限緩和が発表され、9月19日より実施されております。

    これを受け、大崎ブライトコアホールは都の方針に従い
    一部イベントの収容率制限を100%に緩和いたします。
    該当するイベントなどの詳細や緩和条件につきましては、こちらをご覧くださいませ。

    なお、制限緩和につきましては、当施設ガイドライン遵守を前提としております。

  • 2020.09.25

    施設利用ガイドラインを改訂いたしました。

    「新型コロナウイルス感染症に関する施設利用ガイドライン」
    実際の利用を想定し大幅に改定致しました。
    当ホールでは「with コロナ」下でのイベント実施を目指し
    感染防止策に積極的に取り組んでまります。
    【当ホールの新型コロナ感染防止策ページはこちら】

  • 2020.09.15

    足元消毒マットを導入いたしました。

    会場へ入館いただくすべての来場者様は、足元を消毒してからご入場いただきます。
    マット・液剤ともに無償貸出可能な備品となりますので皆さまご協力のほどよろしくお願いいたします。

    【靴底に付着したウイルスの除去の有用性】
    アメリカ疾病管理予防センターが出版している雑誌「EMERGING INFECTIOUS DISEASES」内の記事で
    病棟におけるウイルス分布についての研究結果」を発表しました。

    その中で床面に付着するウイルスが他の場所より比較的多く
    靴底がウイルスを運ぶ要因となる可能性を指摘しております。
    厚生労働省は靴底消毒を現段階で推奨はしていなものの
    多くの病院が院内感染対策として靴底消毒を実施しております。
    このことからも、水際対策として靴底消毒は有効と考えられます。